公開履歴
色々な薬と瓶

発毛は、頭皮に存在する毛乳頭や毛母細胞と言った髪の毛を成長させる組織があることによって初めて実現できます。
薄毛になっている人の多くは、こうした頭皮に存在するはずの細胞がなくなってしまうことによって通常の髪の毛の成長が妨げられている状態になっているのです。
基本的に、発毛を実践しようとする際にはこうした組織を活発に働かせることを目的として対策を行っていくことになります。
例えば、男性は男性ホルモンを原因とした男性型脱毛症という抜け毛の症状に悩まされている人が非常に多いのですが、こうした症状になってしまう原因も発毛の作用を阻害されているからにほかなりません。
男性型脱毛症の患者は、男性ホルモンによってDHTという頭皮の髪の毛の成長を阻害する物質によって抜け毛が生じています。
そのため、根本的な解決としては抜け毛や薄毛は薬で治す方法です。
薬を利用してこの発毛作用を阻害する物質の働きを止めることを目的とすれば良いわけです。
薄毛を治療する代表的な治療薬といえばプロペシアですが、長期服用が前提な為先発医薬品のプロペシアはどうしてもコストが高くなりがちです。
しかし現在ではプロペシアのジェネリック医薬品であるフィンペシアが発売されています。
フィンペシアは長期服用でもコストが抑えられるので、確実に長期服用が考えられる場合はこちらを使うことも考えましょう。
そして、重要なのはこうした発毛を促すための組織というのは一度なくなってしまうと元の状態に戻すことが難しくなってしまうことです。
頭皮には、髪の毛を発毛させるための細胞や組織が髪の毛が生えてくるそれぞれの穴に膜のように存在します。
こうした膜は、カラーリングやパーマなどによって利用されている液体がかけられることによって弱くなってしまう性質があるのです。
髪の毛を染めたりパーマをかけ過ぎるとハゲると言われているのはこれが原因で、髪の毛を発毛させるための組織を壊してしまうからにほかなりません。
このように、医学的な見地から見ても発毛の仕組みやそれに関する対策というのはすでに考えられているので、ある程度の症状ならばそれを治療することは難しくないのです。