発毛可能な頭皮環境とは

髪が薄い男性

抜け毛や薄毛が気になってきた時、市販の育毛剤や発毛剤、サプリなどを使って対策をとるという方は少なくありません。
しかし、中にはそうしたものを使っても効果がまったく感じられないということがあります。
このような場合、考えなければいけないのが自分の頭皮環境です。
どれだけ外から発毛に必要な栄養をとりいれたとしても、頭皮環境が発毛に適していない状態だった場合、期待するような効果を発揮することは出来ません。
例えば、髪の毛が生えてくる毛穴が皮脂やシャンプーのすすぎ残しなどで詰まっているような場合、これらを取り除かない限り発毛は期待できないといえます。
特に薄毛や抜け毛が多い人は、頭皮の皮脂が過剰に分泌されやすい傾向にありますので、しっかりとした洗浄が必要となるのです。
また、過剰な皮脂によって脂漏性皮膚炎になる場合もあります。
脂漏性皮膚炎はマラセチア菌というカビの一種が過剰に分泌される皮脂によって最近が増殖することで発症します。
脂漏性皮膚炎の原因であるマラセチア菌を退治するにはシャンプーがあり、多くの人が使用しています。
一方で女性の薄毛や抜け毛は逆に皮脂不足によって頭皮の乾燥が起こり、乾燥によって増えたフケなどが毛穴詰まりを引き起こすなど、髪の成長に悪影響を与えていることもあります。
この場合は、頭皮の保湿対策を行わなければいけません。
次に血行不良も頭皮環境を悪化させる原因となります。
なぜなら、血行不良となると、本来、血液から供給されるはずの栄養が頭皮へ行きわたりにくくなるため、発毛のための栄養が不足してしまうからです。
頭皮の栄養不足は皮脂不足を招く要因ともなりますので、先述したような髪への悪影響を引き起こす可能性も考えられるのです。
このように頭皮環境は発毛の要ともいえる部分ですので、抜け毛や薄毛が気になってきた時には、頭皮環境の改善が最も重要といえるのです。
洗髪時には、しっかりと汚れを取り除いて毛穴を詰まらせないようにすることや頭皮への血行不良が起こらないように全身の血行をよくし、頭皮マッサージでさらにその効果を高めるなど、発毛に最適な頭皮環境をつくっていきましょう。